ノンスケール スクラッチビルド
ヌーベルメーデ・アナザーノワール
(海洋堂 フロイライン リボルテック/綾波レイほか改造)

 封焔機神の立体物を是非見たい!と言う事で、(例によって)自分で作っちゃいました。
 第1弾は、サトシ的最萌え機体、ヌーベルメーデ・ノワール。当初は完全再現を目指したんですが、如何せん、サトシの技術力では無理がありました(笑)。という訳で、基本的なフォルムを残しつつ、細部はアレンジ版と言うことで色々変わってます。故に「アナザー」。
 ちなみに主な素材は、「綾波レイ」「双海亜美」「セイバーオルタ」。
 素の立ちポーズ。物凄い爪先立ちですが、ちゃんと台座無しで自立します。
 各部の関節は、リボル付属で角度が段階固定式のリボルバージョイントをそのまま使ってるんですが、足首だけはそれだと立てないので(笑)、角度がフリーな「ホビーベース 関節技ボールジョイント」に交換。


 サイズは、1/144のガンプラとほぼ同じ。なので、武器の類が一応そのまま持てます。 『返せよ。』 『嫌。』
 元々封焔機神はもっと小さいので、実はスケールは合わんのですが、気にしない方向で(笑)。
 HGジンクスの、GNロングバレルビームライフル。
 リボルは可動範囲がビックリするほど広いので、こんな「女の子座り」もバッチリ可能です。
 足のヒールの部分は、ソレっぽい形に切ったプラ板を貼り合わせた後、角をペーパーで削ってなめらかにした物。足の裏に穴を開け、真鍮線で接続してます。


 好評の腰掛けポーズ。スカートは、脚の可動を邪魔しないようそれぞれ独立していて、腰を取り巻くベルト状のパーツにスプリングで繋がってます。  「ベルト状パーツ」は、別のリボル(フロイライン 双海亜美)のスカートを加工したもの。なので、他のリボルのスカートも着用可能。
 交換例:素材として買ったけど、使わなかった星井美希さん特別出演(笑)。


 互換性アリアリにゃー。  後方威嚇用マーキング「ロシアの荒熊 せるげい」


 頭部製作の模様。リボルのセイバーオルタから「おゆまる」で型取りして、タミヤのエポキシパテで複製した物を、削ったり切ったり削ったりして作成(笑)。写真には普通の前髪が写ってますが、実際の前髪はバイザー付きの方を同じく複製して加工。  スカートの分解図。一つ一つは、MG1/100ケンプファーの頭部(額から上)を複製して、削って形を作った物を更に複製して数を揃えた物。
 双海亜美のスカートを加工して作ったベルト状パーツに穴を開け、スプリングを通して、「自由可動・動いた後自動で元の位置に戻るスカート」が完成。
 ちなみにこちらには、セメダインの「エポキシパテ 木部用」を使用。こちらの方が硬化が早くて、後の加工もサクサク切れて楽。


 頭部アップ。前髪パーツは横の部分が折れたりすると非常に悲しい事になるので、セメダインの「エポキシパテ プラ用」(硬化しても弾力性が残り、ある程度の柔軟性がある)を使用。ここは手が抜けない所なので、400番→1000番としっかりペーパーがけの後、塗装。他の後頭部とかは400番しか使ってません(←やや手抜き/笑)。
 しかしやっぱり、出来上がり後の光沢感がかなり違ったので、次回からはちゃゃんと全部1000番までやります(笑)。
 背面。背中には、バンダイアクションベース2のジョイントをビス止めする用の穴が開いてます。ここにジョイントを付ける事で、アクションベースに飛行ポーズでの固定が可能に(最初の写真参照)。
 後頭部のセンサーはHGジンクスの肩にある突起パーツの複製。
 左写真のヘアバンド部模様と首周りの宝石は、どちらも百円均一のネイル用デコレートシール。
 スカートの後ろ二つ(他と形の違う奴)は、昔々安く買った1/72レプラカーンのパーツです(笑)。


封焔機神 武装追加プラン
ヌーベルメーデ・ザンノワール
(月刊ホビージャパン 2009年10月号付録「ザンライザー改造キット」使用

 封焔機神ベルメたん・パワーアップ計画。月刊HJ付録の「ザンライザー改造キット」を、黒ベルメカラーに塗装して装着してみました♪  基本的に、背部のザンユニットはキットのまま。サブアームには、1/144ジンクスから拝借したGNビームサーベルを持たせて四刀流!!


両手のGNバスターソードIIIのお陰で、見よ!!この見事なボリューム感♪


 接続部分。ザンユニット内蔵のベース固定用穴にベースのピンを差し込み、ユニットの機体取り付け用ピンをベルメたんの背中に接続。  GNバスターソードIII合体。さすがに両手でホールドしないと持てません(笑)。


戻る